弊社は株式会社河合楽器製作所のグループ企業です
株式会社河合楽器製作所のグループ企業です
お問い合わせはコチラ

よくある質問

個人のお客様からのお問い合わせ

 防音室 ナサール全般について 「防音ルーム ナサール」の選び方について
 ナサール【ユニットタイプ】について  ナサール【オーダータイプ】について  ペット用防音室【ワンだぁルーム】について

法人のお客様からのお問い合わせ

「サイエンスナサール」について 「業務用防音室」について
「聴力検査室」について

防音室 ナサール全般について

Q
カワイ防音ルーム「ナサール」の換気対応について教えてください。
A

弊社防音室の「ナサール」は、一般の住宅の居室と同様に建築基準法で定められている換気回数である0.5回/h以上の機械換気設備を標準装備しております。

換気扇標準装備

  • ● ユニットタイプ(0.8畳~1.2畳)
    軸流ファン
  • ● ユニットタイプ(1.5畳~4.9畳)
    パナソニック換気扇 FY-12ZH1-W(換気量15㎥/h)
  • ● ユニットタイプ(5.0畳~10.0畳)
    三菱換気扇 VL-16U3(換気量77㎥/h)
  • ● オーダータイプ(~16.0畳)
    三菱換気扇 VL-16U3(換気量77㎥/h)
Q
防音室(ナサール)はどこにいけば購入できますか?
また、いろいろな相談や見積もりはどのようにすればよいのでしょう?
A

カワイのピアノを扱っているお店であれば全国どこでもご購入いただけますので、お気軽にお尋ねください。またカワイの直営店および特約店にはナサール展示店(ショールーム)もございますのでご利用ください。なお、お店がお近くにない場合や、お出かけになる時間がない場合などは下記のページをご利用ください。お見積りやご相談にお応えいたします。

Q
カワイの防音室の特徴は?
他社製品や防音工事との違いを教えてください。
A

国内の自社工場で製造している製品だから、「安心・安全な商品」をお届けいたします。ユニットタイプなら受注後最短10日の短納期でお届け可能です。カワイ独自のパネル工法の防音室のため、短い工期で防音工事が完成できます。完全独立の二重壁・二重天井のルームインルーム工法で振動をカット、高い遮音性能を実現しています。元のお部屋を傷つけずに設置できるので、移設、お引越しが可能です。

※ 注文が集中している場合にはご要望にお応えできない場合がございますことご了承ください。

Q
防音室をつくりたいのですが、工事にどのくらい日数がかかりますか?
仕事の関係であまり休めないので心配です。
A

ご安心してください。カワイのユニットタイプなら、ほとんどの機種が1日で完了いたします。エアコン工事やピアノ搬入を含めても2日程度で完成することが可能です。室内全体を防音するオーダータイプでも、3日~4日で完成するプランもございます。お客様のご要望に合わせ、ご提案させていただきますのでお気軽にお問合せください。

Q
防音ドアについて教えてください。カワイの防音ドアの特徴は?
A

一般のご家庭でも違和感無く使える木製の防音ドアを、カワイのオリジナルデザインで設計・生産しています。

  • ❶ 二重ガラスで防音性能を確保した窓付の木製防音ドア。
  • ❷ 簡単に開け閉め出来るのに高い気密性のマグネットパッキン採用。
  • ❸ おしゃれな木製なのに、本格グレモンハンドルを採用した高性能防音ドア。
  • 下記サイトで、各性能をご確認いただけます。

    ❶ T3(Dr-35):オーダータイプ用防音ドア(大窓)

    https://youtu.be/kI6I_ZgS27c

    ❷ T4(Dr-40):ユニットタイプ用防音ドア(グレモンハンドル)

    https://youtu.be/gtP4RiKXGYk

    ❸ (Dr-50)T4x2重:高遮音防音ルームUWSタイプの防音ドア

    https://youtu.be/zpEhSYWqbiw

    ※ 参考動画になります。お使いのパソコンのボリューム設定によって聴こえ方は異なりますのでご了承ください。

    Q
    「遮音」と「吸音」という言葉が出て来ますが、両者の違いについて教えてください。
    A

    「遮音」は、音を遮るために行なわれる行為(工事)で、硬く、重い材料で部屋などを囲います。「吸音」は音の響きをおさえる為に、柔らかく、軽い部材(吸音材)を部屋に配置します。吸音材を部屋に貼れば防音が出来ると勘違いしている人がいますが、音は響かなくなりますが、遮音効果は全くありませんので防音にはなりません。また、遮音さえすれば防音室になるといって、やたらと壁などを厚くし、防音ドアなどを設置する場合があります。結果、音は外にもれませんが、音楽の演奏は不可能な部屋が出来上がります。そう、響き過ぎのうるさい部屋になってしまうのです。カワイは、楽器メーカーとしてのノウハウを生かし、遮音と吸音を組み合わせ、お客様に満足していただける防音室をお届けしております。

    Q
    防音室は楽器の音を消音しているのですか?
    A

    防音室の中では楽器の音は小さくなりません。普通の部屋で演奏するよりはっきりと聞こえます。このことが消音ピアノなどの消音楽器を使って練習する場合との一番の違いとなります。楽器から出る生の音をそのまま自分の耳と体で感じて演奏できるため、タッチや音色を確かめながら練習することができます。しかし、楽器の防音室に慣れていない工事屋さんなどが作った防音室では、音の反射が強く「うるさい」部屋になったり、逆に吸音材を使いすぎた「響かない」部屋になったりすることが多いようです。カワイでは30年以上の実績と経験をもとに、演奏に適した吸音率の防音室をご提案しています。

    ※ 防音室の外ではもちろん小さな音に聞こえますが、遮音による防音効果です。

    Q
    遮音性能の違いは?
    A

    ナサールの遮音性能は、3種類からお選びいただけます。音の大きさは「デシベル」という単位で表し、騒音計で測定します。数字が大きいほど音が大きいと感じ、生活環境では140dBが最大。普通の会話は50~60dBぐらい、ピアノは50~95dBぐらいの大きさです。防音ルームの壁から外へ1m離れた位置に立った時、ピアノの音が「Dr‐30」では会話程度に、「Dr‐35」では小さな声程度に、「Dr‐40」ではかすかな話し声程度になります。あなたの周囲の環境や使う楽器・時間帯によって3種類の遮音性能からお選びください。

    ※ ピアノの音の大きさ・設置条件等により、聞こえ方は異なります。

    グラフで見る防音性能

    遮音性能 Dr-30

    防音ルームの壁から外へ1m離れた位置に立った時、ピアノの音が会話程度に。
    (開口部遮音性能 T-2)

    遮音性能 Dr-35

    防音ルームの壁から外へ1m離れた位置に立った時、ピアノの音が小さな声程度に。
    (開口部遮音性能 T-3)

    遮音性能 Dr-40

    防音ルームの壁から外へ1m離れた位置に立った時、ピアノの音がかすかな話し声程度に。
    (開口部遮音性能 T-4)

    Q
    防音室の入り口に、横方向に開け閉めできる「引き戸」は取り付けできますか?
    A

    はい、可能です。自由設計タイプのオーダータイプはもちろん、定形タイプのユニット・カスタムタイプでもご提案いたします。お部屋を明るく、中の様子も見えるようにしたい場合は「防音2重テラスサッシ(防音のガラス引き戸)を取り付ける方法」。確実に間仕切りたい場合には「木製防音引戸(カワイオリジナル製品)を取り付ける方法」がございますので、ご要望によりお選びいただけます。

    下記サイトで、カワイ木製防音引戸の性能を説明する動画をご覧いただけます。

    https://youtu.be/m41cJSAdGgk

    Q
    シックハウス対策はされていますか?
    A

    シックハウスの原因となる化学物質の室内濃度を下げる目的で、建築物に使用する建材や換気設備を規制するため、建築物に使用する建材や換気設備に関する建築基準法が改正され平成15年7月1日に施行されました。当社では、ホルムアルデヒドの発散量が最も少ない区分に該当する建築材料を使用したり、基準以上の換気量を確保したりなど、可能な限りの最善の対応をしております。

    内装仕上げ建材の制限への対応

    F☆☆☆☆はホルムアルデヒドの発散速度0.05mg/㎡・h以下(発散量が最も少ない区分に該当)。
    接着剤もF☆☆☆☆を使用しています。

    換気設備設置の義務付けへの対応

    換気設備設置の義務付けに関し、ナサールにおきましても0.5回/h以上の防音型の機械換気設備を標準としております。

    クロルピリホス(白蟻駆除剤)の使用禁止への対応

    クロルピリホスは従来より使用していません。

    「防音ルーム ナサール」の選び方について

    Q
    一戸建の借家ですが、部屋全体の防音をしたいのですが?
    A

    元のお部屋を一切傷つけずに設置できる防音室、ナサールユニット・カスタムタイプをお勧めします。対応サイズは2畳~10畳までの306種類。11cm間隔でサイズが対応でき、開閉できる防音サッシも取り付けできますので、まさに「ユニットなのに」オーダー感覚の防音室です。

    Q
    マンションのお部屋全体を防音リフォームしたいのですが?
    A

    お部屋を無駄なく使える防音室、オーダータイプ ルームプランがお勧めです。安心の遮音性能と響きをお客様にお届けする自由設計タイプです。柱型や天井の梁型など複雑な形状にもピタリと設置。窓の位置、大きさも元のままで対応いたします。しかも独自のパネル工法で、もとのお部屋を傷つけずに設置できるのです。工事期間は3日~4日(6畳程度)で完成です。

    Q
    マンションでピアノを弾きたいのですが?(引っ越し予定のある場合)
    A

    簡単組立、簡単移設の防音室、ナサール・ユニットタイプがお勧めです。標準的なスタンダードタイプ、お手頃価格のライトタイプ、サイズ調整が可能なカスタムタイプがございます。お客様のご予算、ご要望に合わせてお選びください。組み立ては標準タイプなら1日で完成です。

    Q
    家の新築に合わせて、本格的な防音室を考えたいのですが。
    A

    オーダータイプ ルームプランまたはオーダータイプ フリープランをお勧めします。設計士さん、住宅メーカーとの打合せを行い、ムダのない最適な防音、音響設計を行い、お客様のご要望にお答えいたします。フリープランでは、内装、インテリアも自由設計で対応し、お客様の夢の実現をお手伝いいたします。

    Q
    ドラムセット(生ドラム)の練習をしたいのですが・・・
    A

    自由設計の防音室オーダータイプ フリープランで総合遮音性能Dr-65以上の性能を確保する計画でお考えください。(Dr-65でもバスドラムの音は残ります)またユニットタイプの防音室では、高遮音タイプUWS(単体性能Dr-50)を設置し、躯体と合わせ、やはり総合遮音性能Dr-65以上となるよう計画してください。エレキベース、和太鼓などもそうですが、重低音の防音、遮音は非常に難しく、防音室の重量も重くなりますので、設置場所の十分な調査と専門家による音響設計(推定遮音性能の確認)が必要です。

    ナサール「ユニットタイプ」について

    Q
    引越しの時など移設費用はどのくらいかかりますか?
    A

    お持ちになっている(ご購入予定の)防音室・ナサールの機種、サイズ、設置場所、運送距離などにより大きく費用は変わってまいります。また、機種によっては追加の部材が必要となる場合もございますため、全てお見積りとさせていただいております。お見積りのご依頼の際には、お客様のご住所、お名前、機種名、ご購入年、引っ越し先住所等をお教え下さい。譲渡の場合など上記内容に不明な項目がある場合は、お見積りできないことがありますのであらかじめご了承願います。また、他社の製品につきましては構造等が不明のため、移設の可否も含め弊社では解りかねますことご了承願います。

    Q
    既に持っているユニットタイプのサイズ変更(拡大等)はできますか?
    A

    パネル追加で拡大できる場合については可能です。しかし、お持ちになっている防音室の機種によっては、既に生産されていないパネルが使用されている場合もあり、お受けできない場合もございます。費用につきましては、機種等を確認してからのお見積りとさせていただきます。また、他社の防音室につきましては,それぞれのメーカーにてお尋ねいただけますようお願いいたします。

    ナサール「オーダータイプ」について

    Q
    防音室の内装材は選べますか?
    A

    防音室の仕上げ材は部屋の響きを決める重要な要素となっています。カワイでは適正な響きが得られるよう、床、壁、天井の材料を組み合わせたバリエーションをご用意し、その中でお客様に選んでいただく形となっております。オーダータイプ フリープランではその内装も含め、お客様のご要望を取り入れ、室内音響も設計しながら対応いたします。

    Q
    防音室内の天井高さは選べるのですか?
    A

    カワイのオーダータイプは天井高さも自由設計です。ただし、防音のために、防振床や、遮音天井を設置しますので、元のお部屋の天井高さより20cm~25cm低くなることはご了承ください。

    ペット用防音室「ワンだぁルーム」について

    Q
    ワンだぁルームはどこに行けば購入できますか?
    また実物を見ることはできますか?
    A

    全国のカワイの直営店にてご購入いただけます。実物の展示につきましては申し訳ございませんが現在行われておりません。しかし事前にお申込みいただければ、以下のカワイ直営店にてご用意し、ご覧いただくことが可能です。

    また、インターネット通販サイト(楽天,Amazon等)にてもご購入いただけます。

    ※ インターネット通販サイトの通販窓口と上記カワイ直営店との連携はございませんこと、ご了承願います。

    Q
    ワンだぁルームPVU-030Fより大きいサイズの物はないのでしょうか?
    A

    申し訳ございませんが、現在、ワンだぁルームはPVU-030Fのみの販売とさせて頂いております。

    Q
    どのぐらいの大きさのワンちゃんまで使えるのですか?
    A

    室内の奥行きは47cmですので、成犬でもそれより一回り小さな犬種の小型犬用となっております。

    Q
    30デシベルの防音性能とは、どの程度の効果なのですか?
    A

    人間の耳では10デシベル音が小さくなると、音の大きさが半分になったと感じられます。この為、30デシベル小さくなると、音の大きさは1/8位に感じられます。小型犬の鳴き声の大きさは95デシベル程度で、30デシベルカットしても65デシベルの音が残り、ワンだぁルームの前では良く聞こえます。お隣に対しては、建物自体でさらに防音される為、普通は気にならない程度まで軽減されます。

    Q
    夏場のBOX内の温度は大丈夫ですか?
    A

    ワンだぁルームPVU-030Fは、BOX内の温度上昇を防止する換気システムを採用しています。ワンだぁルームを冷房のあるお部屋に設置して頂ければ、お部屋の冷気(空気)を吸込んで、BOX内を換気・冷房する事が可能です。しかし、犬の体温が人よりも高く、また狭いBOXの中で動き回るので、BOX内はどうしてもお部屋の室温より2~3℃高くなります。その為、冷房の温度を低めに設定して下さるようお願いしております。

    Q
    嫌がらずに中に入ってくれますか?
    A

    ワンちゃんの性格によりさまざまです。はじめからいきなり扉を閉めて驚かさないように、徐々に慣らしてあげてください。ただし犬種によっては、全く受け入れてくれないワンちゃんもいるようです。

    Q
    日中(10時間位)BOX内でワンちゃんを過ごさせる事になると思うのですが、10時間というのは無理な時間でしょうか?
    A

    ワンだぁルームの基本的な使い方としては、常には扉を開けて使って頂き、鳴いて困る時に防音扉を閉めて使って頂く事をお勧めします。犬種や犬の性格等により、どの位なら良い、どの位なら悪いと言う事はできません。しかし、今まで使って頂いたお客様の中には一晩中BOX内で過ごさせている方もいらっしゃいます。ワンちゃんの様子を見ながらお使い下さるようお願いしております。

    「サイエンスナサール」について

    Q
    大学の研究室に実験用の防音室が欲しいのですが?
    A

    研究・測定・産業用の「サイエンスナサール」をお勧めします。雑音や、騒音を防ぐ防音機能だけでなく、電磁シールド機能も追加できますので、脳波測定など、デリケートな環境が必要な場合にも対応いたします。

    Q
    工場内で使用する製品検査室が欲しいのですが?
    A

    サイエンスナサール」をお勧めします。サイエンスナサールは、研究用防音室だけでなく、工場内の検査室にもご使用いただいております。

    Q
    医療用の実験に特殊な仕様の防音室が欲しいのですが?
    A

    サイエンスナサール」をお勧めします。動物実験用の防音室、脳波測定、聴力測定用検査室等、様々な医療分野でご使用いただいております。使用目的、要求性能、仕様概要をお教えいただければ、特殊仕様対応の防音室をお見積り、ご提案いたします。

    「業務用防音室」について

    Q
    本格的な録音スタジオを作りたいのですが?
    A

    業務用防音室」にて対応いたします。音楽用リハーサルスタジオからミキシングルームまで、ご要望に合わせた性能、仕様にて設計、見積り、ご提案をいたします。

    Q
    大学、専門学校に音楽練習室を作りたいのですが?
    A

    業務用防音室」にて対応いたします。多くの音楽教室を設置してきたノウハウを生かし、設置場所に合わせたレイアウトと、音楽練習内容に合わせた仕様の音響空間をご提案いたします。設計事務所様、ゼネコン等建築部門様との打合せにも参加させていただき、お見積り、ご提案をさせていただきます。

    Q
    工場内ライン内の防音検査室が欲しいのですが?
    A

    業務用防音室」にて対応いたします。工場のライン、設置場所、工程に合わせて特殊仕様の防音室を設計、お見積り、ご提案いたします。コンベア用材料投入口、防音開閉シャッター等にも対応いたします。

    「聴力検査室」について

    Q
    補聴器の調整、検査用の小型の防音室が欲しいのですが?
    A

    業務用防音室」にて対応いたします。補聴器センター様、メガネ店様のお店でご使用出来る、小型の聴力検査室をご提案いたします。0.5畳から0.9畳まで、オージオメ-タ-接続用の端子盤を標準装備いたします。金額につきましては、お取引条件、お取引台数等によりお見積りとなりますので、お問合せください。